Sassって | Webクリエイターな備忘録

このサイトはフリーランスでWeb制作をするクリエイターの備忘録なメモサイトです。 Webサイトを作る際に気になった事やjavaScriptなどのライブラリの事などWebサイト制作に関する事、また気になるでき事、日常の事などを気ままに勝手に書き綴っています。

Sassって

20130308-sass

前回の記事投稿から、かなり時間が空いてしましました。
ゆるりとやっていますので、ポツポツ記事を書いていこうと思います。

はじめに

さて今回は、今頃になって「Sass」ってヤツをやってみました。

CSSを効率的に素早く記述できる仕組みの様ですが、

今まで「CSS書けるからいいやっ!」と、自分勝手な感じで見向きもしなかったのですが
Sassに関しての記事をよく見るようになりましたので、今回やってみる事にしました。

以前に「Scout」だけは、PCにインストールしていたのですが…

Sassのコンパイル環境

20130308-scout

「Scout」をすでにインストールしていた事もあるのですが

今回Sassのコンパイル環境は、RubyとかをPCにインストールする事はせず「Scout」を使用致します。

私は、制作環境がWindows及びMacと両方使いますので、「Scout」はWin・Macに対応しているので、たいへん助かります。
Windows(64bit)では、インストールはできるようなのですが、少しScoutのファイルに修正が必要みたいです。

「Scout」のインストールや設定方法などは、下記を参照させて頂きました。

【Scout参照サイト】

Windowsでの注意

「Scout」でのコンパイルで、私がはまったのがWindouws環境でコンパイルエラーが出た事。

原因は、コンパイルするフォルダをテストで【ディスクトップ】に作っていたのがダメでした!!

「Scout」では2バイト文字が、コンパイルするファイルパスにあるとエラーが出るらしい。

テストファイルを、Dドライブ直下に移動で、エラーもでずコンパイルする事が出来ました。

Sassを使ってみて

Sassを記述してみての感想ですが、基本的な記述方法は、今までのCSSとなんら変わりなく、CSSを書ける方なら何の障害もなく、すんなりSassを受け入れる事ができると思います。
さらに、Sassの「ネスト」や「mixin」などの便利で楽ちんな方法で、CSSのコーディングスピードを上げていけると思います。

【参照サイト】

特に一番目のサイトは、内容が良くまとまっていて初心者の方にはオススメのサイトです。
何もわからない私でも、すぐに理解する事が出来ました。

コメントは受け付けていません。