【ASUS X205TA】Windows10アップデートでキーボードやタッチパッドが動かないトラブル解消方法 | Webクリエイターな備忘録

このサイトはフリーランスでWeb制作をするクリエイターの備忘録なメモサイトです。 Webサイトを作る際に気になった事やjavaScriptなどのライブラリの事などWebサイト制作に関する事、また気になるでき事、日常の事などを気ままに勝手に書き綴っています。

【ASUS X205TA】Windows10アップデートでキーボードやタッチパッドが動かないトラブル解消方法

【ASUS X205TA】Windows10アップデートでキーボードやタッチパッドが動かないトラブル解消方法

日頃から使っているノートパソコンASUS EeeBook X205TAで、突然キーボード入力及びトラックパッド、Bluetoothマウスからの入力ができないというトラブルに遭遇しました。

前日は普段とかわりなく使用できていたのに、突然のトラブル発生です!

ネットで検索してみると多くの方がこのトラブルに遭遇しているようで、その原因や対処法の情報を発信してくれていました。

トラブルの主な原因は、Windows Updateによるチップセットドライバーの不具合が原因となっているようです。

この記事では、ASUS EeeBook X205TAのユーザーで突然キーボードやマウスなどが動かなくなるトラブルにあわれているあなた!に、ぜひ読んでもらいたいです。

突然動かなくなったキーボードやタッチパッドを改善する対処法

ホントに突然、ノートパソコンのキーボードやトラックパッド、Bluetoothマウスが動かなくなるトラブルにあったらたいへんですよね。

自分の場合は、たまたまBluetoothテンキーが動いていたので数字は打つことができ、近くにUSBマウスもありトラブルに対応することができました。

少し前からWindows Updateをすると無線LANがつながらなくなったりしていたので、今回のトラブルもWindows Updateのアンインストールで対処できると簡単に思っていました。しかし、Windows Updateをアンインストールしても今回のトラブルは解消できませんでした。

ネットで検索するとWindows Updateによる「チップセットドライバー」の書換えが原因らしく、ASUSのダウンロードセンターで配布されているチップセットドライバーに入替えることでトラブルを解消することができます。

早速、チップセットドライバーの入替え作業をしていきます!!

ASUSドライバーセンターから各種ドライバーをダウンロードする方法

まずは、ノートパソコンのキーボードなどでは入力作業ができませんので、USBキーボード、USBマウスを用意してX205TAに接続します。

つぎに、ASUSのホームページへ行きチップセットドライバーをダウンロードします。

ASUSのダウンロードセンター

ドライバーのダウンロードは、ASUSのダウンロードセンターでできます。

左の「モデル名」の入力欄に「X205TA」と入力すると、右側に「ドライバーとツール」という項目が表示されるのでクリックする。

ダウンロードセンターのOS選択画面


表示されたページの「OSを選択してください」の欄で「Windows 10 32-bit」を選択すると、各種のドライバー一覧が表示されるので「チップセットドライバー」をダウンロードする。

チップセットドライバーとタッチパッドドライバーをダウンロードする

もしチップセットドライバーを入替えてもタッチパッドが使えなかった場合は、「タッチパッドドライバー」も必要となりますので同時にダウンロードしておくことをおススメします!

ASUSのX205TA用チップセットドライバーを上書きインストールする

リップセットドライバーを解凍したファイル一覧

ASUSのダウンロードセンターからダウンロードしてきた「チップセットドライバー」を、ディスクトップに解凍します。

解凍してできた「Chipset_Intel_Baytrail_X205TA_Win10_32_VER112」フォルダ内にある、「Setup.exe」をクリックしセットアップを立ち上げ、指示にしたがってチップセットドライバーをインストールします。

チップセットドライバーを無事にインストールできたら、念のためノートパソコンを再起動してキーボードやタッチパットなどが動くかどうか確認してみてください。

チップセットドライバーを上書きしてもタッチパットが使えない場合の対処法

タッチパッドドライバーを解凍したファイル一覧

もしタッチパッドが動かない場合は、同時にダウンロードしておいた「タッチパッドソライバー」をインストールします。

タッチパッドドライバーをディスクトップに解凍しできた「SmartGesture_WIN10_32_VER405」フォルダ内の「setup.exe」をクリックすると、「すでにドライバーがインストールされている」との警告画面が表示されてドライバーをインストールすることができません。

すでにドライバーがインストールされているので出る警告画面

そこで、すでにインストールされているタッチパッドドライバーをアンインストールする必要があります。

無事にタッチパッドドライバーをアンインストールできたら、先ほどの「SmartGesture_WIN10_32_VER405」フォルダ内の「setup.exe」をクリックし、指示にしたがってタッチパッドドライバーをインストールします。

タッチパッドドライバーを無事にインストールできたら、念のためノートパソコンを再起動してタッチパットが動くかどうか確認してみてください。

コメントは受け付けていません。