無料ブログのバックアップ | Webクリエイターな備忘録

このサイトはフリーランスでWeb制作をするクリエイターの備忘録なメモサイトです。 Webサイトを作る際に気になった事やjavaScriptなどのライブラリの事などWebサイト制作に関する事、また気になるでき事、日常の事などを気ままに勝手に書き綴っています。

無料ブログのバックアップ

皆さん長いゴールデンウィークは、どうでしたでしょうか?私はイロイロと止まった事(作業や読書)をやり楽しくお休みさせて頂きました!!

今回は、以前に嫁がやっていた「楽天ブログ」と「アメブロ」のデータをバックアップした方法を備忘録として掲載しておきます。

無料ブログについて

今回は以前に嫁がやっていた無料ブログの「楽天ブログ」約8年間分と「アメブロ」2ヶ月分をWordpressに移動させる事が最終目的です。

現在は長期間やっていたブログを放置していて、せっかくのWeb資産を無駄にしている状態です。

しかし多くの無料ブログは、ブログデータのバックアップ機能が用意されてないサービスがほとんどです。今回バックアップする「楽天ブログ」「アメブロ」は、両サービス共にバックアップ機能が用意されていませんでした。

楽天ブログのバックアップ方法

ネットでは、色々な方法が紹介されていますが、色々と試した結果下記の方法が一番早く確実でした。試したのは、以下のソフトを使用してのバックアップです。

ブログデータバックアップツール

このソフトを使用すると、ブログ記事のデータだけでは無く、画像まで自動で保存してくれる。しかもブログ記事は、Wordpressに取り込みやすい型式「MT型式」で書き出してくれますので、至れり尽くせりです!!

アメブロのバックアップ方法

こちらもネット上に色々な方法が紹介されてますが、一番確実で早い方法は、以下の方法でした。

FC2ブログに一旦バックアップしてデータ取り出す方法です。

FC2ブログには、バックアップ機能が付いていて、バックアップデータを「MT型式」で書き出してくれるので、Wordpressにも簡単に読み込めます。

事前にFC2ブログのアカウントの取得が必要なのと、バックアップ機能がすぐ使えないのがネックですが!FC2ブログでは、「ブログお引越しツール」が用意されているので、アメブロから簡単にブログのデータを引越すことができます。

FC2ブログのブログお引越しツール

でも注意点があります、各バックアップツールを使ても画像のパスは変更されないので、Wordpress読み込み前か後に画像パスは変更しておきましょう!

WordPress読み込み前なら「テキストエディタ」などの【置換】機能で一括変更できますので簡単ですし!

WordPressへデータ取り込み方法

各ブロックから書き出された「MT型式」のデータをWordpressへ取り込む方法は簡単です。

WordPressに標準で用意されている「インポート機能」を使用します。

WordPressの管理画面から「ツール」-「インポート」へと進み、「Movable Type と TypePad」の項目下にある「今すぐインストール」をクリックします。

「今すぐインストール」の文字が「インポーターの実行」に代わっていれば、正常にインストールができていますので、「インポーターの実行」をクリックします。

画面が上記のようになりますので、まず「参照」ボタンを押して先ほど書き出したブログのファイルを選択し、下の青いボタン「ファイルをアップロードしてインポート」ボタンを押すと、ファイルのインポートが始まります。

この作業をブログのバックアップファイル分繰り返して作業します。バックアップファイルが日付順に正常に書き出されていれば順番関係なくインポートしても、ちゃんと並びますのでドンドン、インポート作業を進めましょう!

すべてのファイルのインポート作業ができましたら、念のためちゃんと日付順に並んでいるか、画像は表示されているかを確認してみてください。

 

あとはSEOの観点から、重複コンテンツがあるとペナルティを受けてしまう可能性がありますので、「無料ブログ(楽天ブログ、アメブロ)」のデータは削除することをお勧めします。

Web資産は、自分で守ろう!

多くの方々が、この様に今まで多くの時間をかけて書いたブログ記事を放置し、自分のWeb資産を無駄にしているのではないでしょうか。かけた時間で時給計算すると、とてつもない金額になりますよ!

長年続けたブログなどのWeb資産は、自分で管理できるように、手元に置いておきましょう!

コメントは受け付けていません。